平将門を祀る江戸の古社

☆新着情報☆
更新履歴
築土神社/平将門を祀る江戸の古社         【English】

■■サイト内検索■■

HOME
リンク
sitemap
神社概要
境内案内
氏子地域
年中行事
御祈祷
行事作法
お守り
社宝
兼務社
人物由縁
将門伝説
写真集
築土祭
参考資料

社宝
 旧蔵品
将門の首桶
平将門公肖像画
滝沢馬琴奉納額
椿椿山「雲龍」
本社神輿
 現存品
沈南蘋「双鶴」
明治天皇肖像画
徳川達孝書
繋馬紋石燈籠
嘉永太鼓
巴紋飾太刀
社宝一覧


社宝 >>
椿椿山筆「雲龍」(江戸後期)

 旧蔵品


椿椿山筆「雲龍」(築土神社旧蔵)

江戸中期の文人画家 ・椿椿山(つばきちんざん:1801-1854)の筆による「雲龍」。かつて世継稲荷(築土神社末社)の拝殿天井に描かれていたものであるが、昭和20年戦災により惜しくも焼失した。社伝によれば椿山の世継稲荷に対する信仰は深く、毎年二月の初午には欠かさず訪れたという。

椿椿山肖像
椿椿山肖像(人見淇堂画/明治13年『椿山画譜(上)』より)


椿山は享和元年(1801年)幕府槍組同心の子として江戸に生まれた。名は弼。幼くして父を失い、父と同じく幕府槍組同心を勤めたが辞職し画業に励む。画ははじめ谷文晁門下の金子金陵に学び、のち渡辺崋山に師事。忠義に篤い人柄で崋山に深く信頼され、崋山の入牢の際にはその救済に尽力し、華山没後は献身的に遺族の世話をしたことでも知られる。とりわけ花鳥図を得意とした。嘉永7年(1854年)没。

関連ページ

【世継稲荷(田安稲荷)】

102-0073東京都千代田区九段北1-14-21 TEL 03-3261-3365 FAX 03-3261-8634  info@tsukudo.jp

Copyright © 2001-2007 tsukudojinja. All Rights Reserved.
http://www.tsukudo.jp/